あなたが加入している保険はサービス内容に対して損していませんか?

保険に加入しても、使わないことに越したことはありませんが、自動車保険は起こってしまった事故やケガの重大さに保険の有難さを実感するケース良くがあります。

ですが、そんな大切な自動車保険でも、あなたが加入している保険はサービス内容で損していませんか?

この自動車保険を選ぶポイントは保険料で選ぶか・内容で選ぶかで悩んでしまい結局、これまで加入していた保険を継続するか、またはクルマを購入したディーラーにお任せしてしまう間違いが良くあります。

けれど、補償は変わらず、すべて項目で加入者を満足させてくれるのが、アクサダイレクト自動車保険です

このアクサグループは国内外で信頼と実績を築いてきた、高い評価のある保険会社です。

実は日本だけでなく世界で人気なんです。

アクサダイレクトは、独自のリスク細分型導入を採用していることがポイントです。

このリスク細分型自動車保険は年令別・危険度・運転者の限定商品で保険料がお得になる商品です。

クルマは使う事情や、運転する人の条件もそれぞれ違うので当然保険内容も変わってきます。

必要な内容だけを取り入れて、無駄を省いた保険の内容を提供してくれます。

例を上げれば

・休日だけの運転の場合
・免許の色がゴールドの優良運転者
・走行距離が1年間で5,000キロ未満

などの条件が、他の保険料金に比べたら年間2万円~5万円程度は安く上がります。

運転する目的や使い道に応じて、それぞれ保険料は違うのですが、リスクの低いドライバーの保険料は従来の保険料に比べたら、無駄を省くことによって大体3・4割は安くなります

しかも、アクサダイレクトは安いだけではありません

アフターケアも加入者が満足できる中身になっているので評判なんです。

例えば、万が一、事故に遭った場合、宿泊先の手配や自宅までの費用の援助・レッカー車の手配などのサービスもあります。

また、災害情報などが送信されるメールサービスなどが無料で使えます。

一般的な自動車保険では場所や移動距離の制限などがありますが、アクサダイレクトでのレッカー車移動のサービスは車の移動距離の制限や処理にかかる時間の制限が一切ありません。

ここも、他の自動車保険と大きく違うところです。

さらに本来自動車保険のように1年という短い期間の保険商品にはクーリングオフは使えないのですが・・・アクサダイレクトの自動車保険はクーリングオフも出来るんです。

更に、今だけ、申込みをしたら大変お得なインターネットの申し込みで「最大で4,500円の割引」の得点がついてきます。

電気料金や自賠責保険料の値上げ、消費税の増税など、値上げばかりが相次いで家計を圧迫することばかりです。

今後、ずっと年間、数十万円は家計の現金が減ります。

そのような中、節約できるところといえば、まずは、やはり自動車保険でしょう。

食費やその他の家計の項目は中々、節約できるものではありません。

アクサダイレクトに自動車保険を見直して、年間3万円~5万円を節約してみるのが賢い自動車保険の選択です。

自動車保険の見直しで年間25,000円の節約成功♪

多い人では、50,000円も安くなった驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

クルマの運転

クルマの運転
まずクルマを購入する時に当然、強制保険である「自賠責保険」には加入するのが国家として義務付けられています。

この保険は一定額を超えた補償に対応してくれません。

それ以上の補償を補ってくれるのが民間の「任意保険」に加入することです。

車に乗ると、運転免許取ったばかりの運転初心者だけじゃなくベテランでも事故が起きない補償はありません!!
「自動車保険の選び方と比較ポイント」の続きを読む…

政権交代で打ち出した経済政策で株式市場も明るい兆しがさしてきたかのように見えますが!!

一般家庭にまではその恩恵がまだめぐってきそうもありません・・・

その状況の中で自賠責の保険料の引き上げが4月から実施されることになり、
さらに任意の自動車保険までが大幅に引き上げられることになりました・・・

まさしく家計は「火の車」です。。。。(>_< )

自動車保険料が大幅値上げ

というのも自分は、昨年、自宅の駐車場で車を傷つけてしまいました!

幸いに車両保険を掛けていたのでその保険金で修理費用を負担してもらって安心していました(^-^)

ところが今回の更新のため保険の見積もりを見てビックリ!!

保険料が大幅にアップしていたのです(>_< )

「自動車保険料が70%も大幅値上げ!交通事故を起こしたらホント大変」の続きを読む…

生命保険は一度加入すると頻繁に見直す必要もありませんが、自動車保険は1年ごとの更新があります。

この大事な時期に自動車保険の内容を何も見直さずに、あなたはそのまま更新していませんか?

1年経つとクルマを取り巻く環境も変わっているものです!!
例えば、
「あまり知らない自動車保険の契約ポイントって!?」の続きを読む…

car640_1

保険に入るきっかけも色々ありますが・・・知り合いや、車を購入した時などに勧められた保険内容であまり中身を理解しないまま契約して自分の保険内容も分かっていない人が随分いるようです。

案外、その時の保険内容は必要のない特約や、無駄な補償内容が付いていて保険料も随分高めに支払っているのではないですか?

そのためにも、年に1度の保険内容の見直しをしてみることも必要かも!?

特に

  • 年令が上がり28歳以上となった
  • バス、電車、自転車通勤となり車での通勤や通学が要らなくなった
  • 無事故無違反でゴールド免許になった
  • 特約やサービスを充実させたい
  • これまでの保険の担当者が外された…など

こんな変化が出てきたら、補償の内容の見直しを勧めます。

以前と違い最近の保険の特約やサービスが各保険会社によって随分充実して内容も様々です。

各保険会社が独自に扱っている特約や補償内容が豊富になってきています。これらの保険内容を理解すると自分に合った条件のいい保険に加入できます。

また、リスク細分型保険と呼ばれる補償内容を細かく分けて設定できるプランも豊富になってきています。補償の範囲を拡大したり、また無駄を省いてベストな補償を自分で設定したりすることであなたにピッタリの自動車保険に契約することができます。

車を運転するカーライフも日々変化しています。年齢や家族構成によっても随分、変わります。また契約期間内でも補償内容の変更があれば見直すべきです。

保険の自由化で自動車保険の内容も自分のライフスタイルに合わせて補償内容を設定するができます。現在の保険会社は様々なサービス競争を繰り広げています。

そのため、多くの新しい保険商品も誕生する一方で、消えていく保険商品も出てきます。保険の商品名も変わっていく可能性も出てきます。あなたの今までの契約していた保険の補償内容が変わってる場合や保険内容が無くなっている可能性があります。

また、保険料が同じ内容の保険でも、高い保険料を支払っている可能性も出てきます。自動車保険の契約は1年間がほとんどです。1年間の保険料は負担にならなくても長年で計算するとかなり保険料に差が出てきます。さらに、同じ家庭に車を2台3台所有しているとその負担額はかなりの出費になります。

「あとで後悔するまえに!自動車保険の契約する前に大切なチェックポイント」の続きを読む…

自動車保険を選ぶために複数社の見積もりを取ってもどの保険会社に入るか迷ってしまう人が多いと思います。もちろん、保険料が安いに越したことはありませんが・・・・

しかし、保険の内容の中身も良く調べて納得して加入しないと大事な時に補償が受けられないなんてことでは加入した意味がありません。

では失敗しない保険の選び方はどんなところに注意したらいいのでしょうか?

「知らなきゃ損する!自動車保険の比較ポイントとは?」の続きを読む…

最近ローンを組んで車を購入したのですが・・・保険の話になった時、悩んだのが車両保険に入った方がいいのかどうかでした。

ディーラーの人に相談したら車を購入したお客さんからも「車両保険を加えるか・外すか」で結構相談を受けるようですが・・・万が一事故を起こして廃車状態になった車や盗難に遭ったりしたら目も当てられませんよね(>_< )

この場合はやはり車両保険には加入しておいた方がいいと勧められます!!

車をローンで購入した場合は万が一、車両保険に加入していないとローンだけが残ってしまう悲しい結果になってしまいますからね・・・

実は車を購入して3カ月後に車を駐車場で当てて修理代に10万円ほどかかってしまいました(-_-;)

あの時「入っていてよかった」と胸をなで下ろしたことでした。
「やっぱり盗難などの補償も重視!あとで後悔しないための自動車保険の選び方」の続きを読む…

実は自動車保険には大きく分けて2つの種類があります。

  1. 強制的に加入する「自賠責保険
  2. 個人が自由に入る「任意保険」です。

任意保険に関しては自由と言っても、事故が起きた時「自賠責保険」では被害者に支払う賠償金は足りない場合が多くあります(>_< )。また近年事故の件数は減っていますが、その損害賠償額は増加傾向なので任意保険に入っていないで、事故で先方にけがを負わせてしまった場合に、金銭的に大変なことになります。

もちろん、自賠責保険は、相手にしか補償してくれないので自分のケガなどには対応してくれません。そのため必然的に「任意保険」には入る必要があります。

この「任意保険」は・・・

「自動車保険を何を選んでよいのか分からない・・そんなときの保険解説。」の続きを読む…

車を運転する人は万が一のために自動車保険に加入することになっていますが・・・この自動車保険には大きく分けて2種類の保険があることを知っていますか?

中古車、新車を問わずクルマを所有した場合に強制的に入る義務となる「自賠責保険」と任意に入る民間の自動車保険会社が販売している「任意保険」があります。「任意」という具合だから加入する・しないはそれぞれの自由に決められる保険です。

それでもほとんどが任意の保険に加入しているわけですが・・・
「自動車保険の仕組みって一体、どうなっているの?あなたはちゃんと理解していますか?」の続きを読む…

自動車保険に加入する場合、国内自動車保険会社と外資系の自動車保険などをあまり比べることなく
保険契約する人が大半だと思います。1998年より以前の自動車保険会社は国内の保険会社が主でした。

ですが1998年の保険自由化に伴い保険会社も多様化してきました。その中で外資系の自動車保険も参入してどんどん国内で販売し始めました。

保険内容やサービス面でもそれぞれの会社の特徴を全面に打ち出しているようですが・・・

保険の内容や種類もいろいろ販売されているのでいざ保険の内容を見直してみようと思っても何を基準に選んだらいいのでしょうか?

「自分にあった保険選び!自動車保険の口コミと評判を徹底比較!」の続きを読む…

国内の自動車保険会社は
代理店や、自動車販売業者が
保険の手続きを扱っている場合が多いです。

一方,インターネットやダイレクトメールなどの案内で
保険契約を結んでいる外資系の保険会社とは
随分違いがあるようです。

国内の自動車保険会社の大きな特徴の1つ

対面型の販売方法は
保険の知識のない人にとっては安心できる保険の入り方だと思います。

保険の詳細まで質問できて、
自分の条件に合った保険内容まで提案してくれます。

「国内の自動車保険会社のデメリットって何かあるの?」の続きを読む…