一般的な国内と外資の自動車保険の比較をすると・・・

平成14年の保険の自由化で
保険会社が競って様々な内容の保険を提供しているようです。

保険会社も国内の会社ばかりではなく
代理店を持たない海外の保険会社も参入してきました!!

もちろん自動車保険も例外ではありません。

ここ数年で外資系の自動車保険は
若い世代を中心に人気が出てきているようですが

当初は外資系の自動車保険のことは
一般的には殆ど知られていなかったようです。

まさか、
現在のように保険を見直す時に、国内の自動車保険と海外の自動車保険を
比べるとは思っていなかったのではありませんか?

保険に加入する時は車を購入した店や代理店で決める人が多いので・・・

そこにおいてあるパンフレットや宣伝は
ほとんどが国内の自動車保険会社です!!

外資系の保険会社って
国内に代理店などを持たないので
パンフレットを見ることはあまりないですよね?

一般の人には外資系の保険会社は浸透していなかったと思います。

では、どうして
外資系の自動車保険がこれほどまでに人気が出てきたのでしょうか?

理由の一つとして
パソコンのサイトや通信販売・ダイレクト案内などが影響していたのでしょう。

また、国内の保険と外資系の保険では
保険の項目や内容を比較してみると・・・
国内の保険会社に比べて外資系の保険会社の保険料が
比較的安いことも理由の1つだと思います。

それでも、最も大きな違いが
両社の保険の販売方法です。

国内の自動車保険会社の販売方法は
一般的に
代理店や販売店などの担当者からの
保険の加入がほとんど占めていますが・・・

外資系の自動車保険会社は
代理店や販売店がなくて、さらに人件費や事務費用などの
経費を最小限に抑えているところが
安い保険料につながるところでしょう!!

ところが、
国内の保険会社もここ数年で
パソコンのサイトや通信販売を利用して
契約する利用者も増えてきているようです。

そうなると
保険の内容はもちろん保険料もますます多様化してきます。

利用者も自分に合った保険会社を見極める必要があるようです

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す