国内の自動車保険会社のデメリットって何かあるの?

国内の自動車保険会社は
代理店や、自動車販売業者が
保険の手続きを扱っている場合が多いです。

一方,インターネットやダイレクトメールなどの案内で
保険契約を結んでいる外資系の保険会社とは
随分違いがあるようです。

国内の自動車保険会社の大きな特徴の1つ

対面型の販売方法は
保険の知識のない人にとっては安心できる保険の入り方だと思います。

保険の詳細まで質問できて、
自分の条件に合った保険内容まで提案してくれます。

さらに万が一事故でも起こしたら
保険会社への事務手続きのサポートや
相手への示談交渉などあなたに代わってしてくれます。

また、国内の自動車保険会社は
保険金が振り込まれるまで
親身になって手伝ってくれる、頼もしい仕組みになっています。

高齢化社会が進むと当然、
60歳以上の高齢者の運転が増えているようです。

そうなるとやはり契約対象者は高齢者も少なくありません。

保険のように見えない商品を買う方法としては
当然、対面型が安心できると考える人も多くなるのではないでしょうか?

国内の保険会社と外資系の保険会社の内容に
さほど違いはないようですが・・・

担当者の人件費や事務費などに経費がかかる
国内の自動車保険会社の保険料の方が高いようですね。

外資系の自動車保険会社やダイレクト保険の保険料の
経費がかからない分
安く設定されているようです。

大まかにいうと
国内の自動車保険会社は
コスト削減をすることはなく
顧客にサービスを提供することを
目的としているようです

外資系の自動車保険会社は
コスト削減をすることでサービスは
あまり期待できないのでしょう。

また、
国内の保険会社も合併・提携し、
特徴的な保険内容やサービスをさらに高めているようです。

その分、保険料が少々高くても
ユーザーが納得して保険に加入しているのでしょうね

サービスの面や、万が一の事故処理、または
保険に加入するときのアドバイスなどを考えたら
「外資系の保険」より「国内の保険」がいいかもしれませんね!!

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加