知らなきゃ損する!自動車保険の比較ポイントとは?

自動車保険を選ぶために複数社の見積もりを取ってもどの保険会社に入るか迷ってしまう人が多いと思います。もちろん、保険料が安いに越したことはありませんが・・・・

しかし、保険の内容の中身も良く調べて納得して加入しないと大事な時に補償が受けられないなんてことでは加入した意味がありません。

では失敗しない保険の選び方はどんなところに注意したらいいのでしょうか?

自動車保険を選ぶときに、どれを重視するかで選ぶポイントが違ってくるのです。

あなたは何派?

  1. 保険料を安くあげたい!保険の補償項目も必要最小限にチョイスする派
  2. 保険の中身を重視する!保険料が少々高くても保険の補償内容が充実した保険会社を重視する派
  3. 保険料や補償内容のバランスを考慮して保険を考えたい派
  4. 相手への補償だけでなく自分も補償を受けられるか?単独事故・自損も対応可能か。自分なりのこだわり派

この様なポイントを検討し保険を考えて補償内容を決めていくのが良いでしょう。

自賠責保険に加入しているから大丈夫?

自動車を購入した時に強制的に加入する保険が自賠責保険と言いますが・・・この保険は被害者に補償される保険ですので、自分自身には一切補償されない強制保険です。

そのため自分が当事者になった場合にはこの補償の不足分を補うために個人で任意の保険に加入するわけです。任意保険の内容はあなたが被害者でも加害者になっても自分自身に補償される保険です。気になる保険料についても、多くの保険会社から自分にあった保険会社を選ぶことができるのです。

任意保険は条件次第

また自分のライフスタイルや運転の条件に合った保険のスタイルを選ぶことができ、その内容によって割引価格も変わってくるのです。

例えば年間の走行距離や、免許証の色でゴールド割引など・・・気になる保険会社があったら保険の特約などの内容も比べてみる必要があります。保険の世界も多種多様で様々は保険のタイプが登場してきています。

今は代理店を持たないダイレク型の保険会社も出てきて若者を中心に人気があります。このタイプの保険の最大の魅力は代理店を通さずインターネットからの申し込みになるので保険料が安いところです。

また、さらに申込み内容によっても保険料の割引価格が変わってくるのも魅力です。それでも年配になるほど代理店や店舗をもつ保険会社で対面式の加入方法が安心する方もいるでしょう。

今、スグにできる自動車保険のチェックポイント

自動車保険の自由化以前はどこの保険会社も似たり寄ったりで比較するほどでもなかったので、気にする必要はほとんどありませんでしたす。ところが1998年以降保険の規制緩和で各自動車保険会社がいろんなサービスを手がけるようになりました。

そのおかげで、今や保険も消費者が考えて選ぶ時代になってきました。保険内容もいろんな特約が出てきてサービスの枠も広がり保険料にも格差が出てきました。

知らずに保険に加入してしまうと1年の保険料の差が数万円も出てきてしまうかもしれません(>_<)
こうなると、ちょっと後で後悔することになりかねません。保険の見直し・見積も、今では当たり前になってきました。

でも、どのような方法で各社保険を比べたらいいのでしょうか?

保険の簡単な比較方法

簡単な保険の比較方法として3つほど紹介してみますね

1)保険の代理店や店舗を通して保険の種類や内容を比較する方法があります。

また、車を購入する時に担当者に保険の違いを聞くのもいいですね!!その場で保険の内容を教えてくれるので細かいことまで聞けて納得いく方法です。保険代理店や販売店では複数社保険を案内してくれるので
それぞれの特徴が比較できます。但し、代理店経由の場合、過剰な保険内容になりやすい傾向があります。そのため、どちらかと云えば、免許取得から間もない場合など自動車保険の仕組みについて、まだわかっていない人向きです。

2)保険会社のパンフレットを通して複数社の保険案内を取り寄せて保険の中身を比較することです。

この場合は保険会社ごとに内容の表示が異なっている場合があります。例えば、聞きなれない専門用語や理解しがたい細かい規約など・・・(´・_・`)保険の内容も細かく設定されているので・・・最も自分が読んで分かりやすい保険会社のパンフレットで検討するのがベストですね。冊子風なパンフレットで手元に置きながらじっくり調べられるので、これも便利です。時間をかけて比較検証できる方に特に向いています。

3)パソコンを利用してサイトから保険の内容を比較する方法です。

インターネットから保険の内容を比べる方法はこの中で一番簡単で時間もかけずに出来るやり方です。複数の保険会社の見積もりの仕方も時間をかけずに済みますので便利です。

いずれにしろ、保険会社を比較する時は補償の内容を統一することは勿論必要です。老若男女問わず、一目瞭然で分かりやすいメリットがあります。但し、あまり保険内容に詳しくない段階で申し込みをしてしまうと失敗しやすいデメリットもあります。そのため、クルマの免許をとってから数年以内の場合には向いていません。これまでロードサービスの利用や物損、単独事故などがあり、保険会社と何度かやりとりした経験がある場合なら心配なく利用可能だと思います。

自動車保険会社での競争も盛んで割引サービスも充実してきました。それぞれの保険会社の独自のサービスなども重視して自分の条件に合った自動車保険を選ぶことが失敗しない自動車保険会社の選び方になります。

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加