あとで後悔するまえに!自動車保険の契約する前に大切なチェックポイント

保険に入るきっかけも色々ありますが・・・知り合いや、車を購入した時などに勧められた保険内容であまり中身を理解しないまま契約して自分の保険内容も分かっていない人が随分いるようです。

案外、その時の保険内容は必要のない特約や、無駄な補償内容が付いていて保険料も随分高めに支払っているのではないですか?

そのためにも、年に1度の保険内容の見直しをしてみることも必要かも!?

特に

  • 年令が上がり28歳以上となった
  • バス、電車、自転車通勤となり車での通勤や通学が要らなくなった
  • 無事故無違反でゴールド免許になった
  • 特約やサービスを充実させたい
  • これまでの保険の担当者が外された…など

こんな変化が出てきたら、補償の内容の見直しを勧めます。

以前と違い最近の保険の特約やサービスが各保険会社によって随分充実して内容も様々です。

各保険会社が独自に扱っている特約や補償内容が豊富になってきています。これらの保険内容を理解すると自分に合った条件のいい保険に加入できます。

また、リスク細分型保険と呼ばれる補償内容を細かく分けて設定できるプランも豊富になってきています。補償の範囲を拡大したり、また無駄を省いてベストな補償を自分で設定したりすることであなたにピッタリの自動車保険に契約することができます。

車を運転するカーライフも日々変化しています。年齢や家族構成によっても随分、変わります。また契約期間内でも補償内容の変更があれば見直すべきです。

保険の自由化で自動車保険の内容も自分のライフスタイルに合わせて補償内容を設定するができます。現在の保険会社は様々なサービス競争を繰り広げています。

そのため、多くの新しい保険商品も誕生する一方で、消えていく保険商品も出てきます。保険の商品名も変わっていく可能性も出てきます。あなたの今までの契約していた保険の補償内容が変わってる場合や保険内容が無くなっている可能性があります。

また、保険料が同じ内容の保険でも、高い保険料を支払っている可能性も出てきます。自動車保険の契約は1年間がほとんどです。1年間の保険料は負担にならなくても長年で計算するとかなり保険料に差が出てきます。さらに、同じ家庭に車を2台3台所有しているとその負担額はかなりの出費になります。

あなたの自動車保険料はもっと安くなる!あなたは損をしているかも?

家計もなかなか黒字に転することもなくやり繰りに四苦八苦している状態で・・・車の維持費用もバカにはなりません(-_-;)

特に保険料の見直しも必要な時期に来ているのではないでしょうか?

現在、加入している保険料より、安くなる方法が見つかるかも知れませんよ!!

ここに保険料が安くなるヒントを書いてみますね(*^_^*)

・保険の加入方法として一昔前は、保険の代理店を通して担当者が説明して契約する方法が主流でした。対面型の加入方法で詳細まで説明してくれてその場で疑問にも答えてくれる安心できる加入方法でした。人件費やサービス費用・事務費がかかり、その分、保険料が高く設定されています。

そんな中、最近は若い世代に人気があるダイレクト型の自動車保険会社が進出してきました。これはパソコンなどのインターネットから自分の気に入った自動車保険に加入することができます。

しかも保険料も安く設定されています。また、同時に複数の保険会社から保険料の見積もりが比較できます。どの保険会社の内容や保険料が入りやすいか?簡単に比較できるところが魅力ですね。

しかし、ダイレクト型の自動車保険で契約者が一番心配しているのが事故対応を迅速に対応してくれるのか? でも、大丈夫です。代理店経由の保険会社となんら見劣りしない迅速な対応です。

さらに、自分のライフスタイルに合った保険内容や保険料を設定することが可能になりました。

車の所有者の年齢や車の大きさによっても保険料が変わってきます。特に最近は保険内容に「リスク細分保険」を採用している保険会社が多くなりました。

例えば、

      1年間の走行距離が短い場合の保険料と通勤などで頻繁に車を利用する人の保険料の場合
      運転者限定で、本人と配偶者以外は保険の対象でない場合
      新車で購入してエアバック・ABCが標準で装備されている場合など・・・

自動車事故のリスクが少ない条件で保険に加入すると保険料が安くなりますよ。他にも安くなる方法として保険料の支払い方法も団体割引などが適用される場合も出てきますので保険の内容を見直すチャンスですよ!!

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加