あまり知らない自動車保険の契約ポイントって!?

生命保険は一度加入すると頻繁に見直す必要もありませんが、自動車保険は1年ごとの更新があります。

この大事な時期に自動車保険の内容を何も見直さずに、あなたはそのまま更新していませんか?

1年経つとクルマを取り巻く環境も変わっているものです!!
例えば、

自動車保険の補償内容も最近は「リスク細分型」で自分に必要な条件や項目、補償内容を選択できるようになりました。そのおかげで保険内容もムダを省くことができて、毎年かかる保険料も押さえることができるようになりました。

例を上げてみれば

年間走行距離や運転免許証で変わる保険料

  1. 5年間無事故無違反で免許証の色もブルーからゴールド免許になっていたら、保険料が3~5%位安くなることが普通です。
  2. 1年間の走行距離によっても随分保険料の差が出てきます。

補償の中身は同じでも車を買い換えていたら、車両保険は、クルマの車種によってそれぞれの保険会社が保険料を設定しているので保険料が随分変わってきています。

スポーツタイプのクルマや高級車は要注意!?

軽自動車から普通自動車に買い換えた場合は保険料が増えてしまうケースがほとんどです。

また、ファミリカーからスポーツカーに買い替えた場合やベンツやBMWなどの高級車に買い替えた場合にも、車両保険には要注意です。特にスポーツタイプのクルマや外車の場合、ガソリンがハイオク指定だったり燃費が悪い一方で、車両保険の負担も重くなるので大変です。

ガソリン価格と車両保険のダブルパンチで庶民がスポーツタイプのクルマを乗って楽しめる時代ではないのかもしれません・・・。

自動車保険の見做しタイミング

また、その逆に価格が安くなる場合、つまり下がるケースもあるわけです。

そのために自動車保険の見直しは、車両保険の見直しと共に2年~3年に1度は必ず必要になってくるのです。

また、保険業界は規制緩和をうけて自動車保険などの自由化で次々と新商品を登場させています。

特約やサービス商品・補償内容も大きく変化しています。

その一方で今まであった補償内容がなくなっている場合やブランド名が変更になっている場合もあるので若干注意が必要です。

そのため、契約した自動車保険の内容も確認しないままで、いつも通り保険の更新をしてしまうと、
無駄な補償項目が付いてしまっていたりして損をしているケースが良くあるんです・・・。

そのため必要な項目が無くなっていないか?

保険料は納得いく価格か?

数年に一度は自動車保険も見直し作業が大切なんですよね!!

複数台のクルマがある場合は補償内容のチェックが欠かせない

自動車保険の保険料は数百円や数千円の違いがほとんどなので、1年で見るとたいしたことはない金額のようですが・・・

長期で計算するとその保険料の金額の差は数万円にもなって大きくなります。

また最近の家庭ではクルマを軽自動車も含めて家族で2・3台所有しているのも珍しくありません。
地方の公共交通機関があまり発達していない地域ではクルマがないと生活自体が不便なところも多いので、車の保険料が家計にかかる負担も更に大きくしていきます。

また家庭内においてもそれぞれのライフスタイルや車の種類も違う場合もあります。毎日運転する人や、土日だけ、またはいつも一人で運転するので同乗者がいない人など様々です。そうなると当然保険の種類や補償の内容も家族一人ひとりで違ってきます。

年に1度、または数年単位でも自動車保険の内容を面倒がらずに見直すことが保険料の節約!ひいては家計の節約になります。

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加