自動車保険の選び方と比較ポイント

クルマの運転
まずクルマを購入する時に当然、強制保険である「自賠責保険」には加入するのが国家として義務付けられています。

この保険は一定額を超えた補償に対応してくれません。

それ以上の補償を補ってくれるのが民間の「任意保険」に加入することです。

車に乗ると、運転免許取ったばかりの運転初心者だけじゃなくベテランでも事故が起きない補償はありません!!

何故、自動車保険の加入は必要なのか?

事故に遭った時や起こした時に限って保険の期限が切れていたりするトラブルも結構あります。

事故が起きてしまったら、その車のメーカーや車種どの程度損害が発生したのか、人身事故の有無など、どれほど必要な補償がかかるか分からないものです(>_<)

このように余程資産家でお金持ち以外は、経済的な負担や精神的なリスクを考慮してクルマを購入した人は必ず加入すべきです。

任意保険の補償

任意保険の補償の内容を簡単に分けてみると

・相手に支払うための保険が対人・対物賠償の補償です
(相手に怪我をさせたり物損が生じた場合に任意保険会社が支払う補償です)

・自分や同乗者へ支払うための補償です
(事故の際自分側が怪我や入院、死亡の場合に時に支払う補償です)

・自分の車への補償
(車両の保険・クルマの車種によって費用が大きく違います)…など

事故の相手の賠償を補うために補償内容は「対人補償」では無制限の加入しておいた方が安全です。

しかし、「自分の補償をする保険」も大事なのです。

事故の相手が存在する場合は事故の過失の割合で補償の割合が決まってきます。

そこで自分の負担金が多い場合も出てきます。

こんな時に「自分を補償する保険」に加入していないと手術台や入院・治療代に・・・あるいは長期入院の為仕事先も休むことになって収入が削減される場合も出てきます。

そうなると大変は負担がかかってしまいます。

こうなると、もやは、年間で支払う数万円や数千円にケチっている場合ではありません!!

生活にも影響を及ぼす事態になりかねません。

収入に余裕のある高額所得者なら少々会社を休むことになったり、高額医療費の出費も負担にならないかもしれませんが・・・

一般家庭では、早々出せる金額でもないようですからね・・・やはり、ここは自分の補償にもしっかり加入していた方が安心できますよ。

自賠責保険に加入しているからと言って安心していると後でとんでもないことになってしまいます。

一生を棒に振ることにならないように自分のカーライフ、家族の安全を守るためしっかりサポートしてくれる保険を見つけて下さい。

失敗するまえに自動車保険の補償内容を契約前に徹底調査

自動車保険の内容は保険会社の自由化により多様化され様々な特約やサービスの充実にも目を見張るものがあります。

それでも保険を契約する場合には補償の内容を最も重要視しなければなりません。

そのためにも自分に必要な保険の内容をまず決めておきましょう。

補償の何が必要で、何が無駄なのか?

必要な保険の内容を決めておくことで、各保険会社の保険料が比較しやすくなります。

また補償の中身も保険会社によって様々です。

保険料の設定の基準もそれぞれの保険会社で格差があるので支払う金額も違ってきます。

最近は、各社で保険の対象者のリスクの状況から判断して保険内容が変わってくる「リスク細分化保険」を採用してようです。

リスク細分化とは

このリスク細分化とは・・・契約者の年齢や車の取り巻く環境や運転条件で事故に遭うリスクが高いか、低いかを区分する方法のことです。

これは、保険の補償内容は契約者の条件に合って充実している内容で・・・条件にあっていれば保険料を安く抑えることができるサービスです。

ここは押さえどこですが・・・

リスク細分化保険は細かく補償内容が設定してあるので、保険会社によって設定の仕方が違う項目も出てきます。

自動車保険の比較ポイント

自動車保険を比較するポイントとして

  • ・事故処理担当者は迅速な対応ができるか?
  • ・相手とトラブルになった際の弁護士費用負担が必要かどうか
  • ・ロードサービスの内容は充実しているか?
  • ・優良免許者の割引の有無(年齢制限はないか?)
  • ・年間走行距離割引の有無

などを比較しながら・・・

各社保険の補償内容を比べていくうちに補償内容や特約部分が充実している自動車保険会社を発見できる場合もあります。

また、無駄な特約などを削除して自分のカーライフに合った保険の組み方で次第では補償内容も手厚くなって、その上保険料も案外安く納まる商品に出会えます。

自動車保険の比較と言ってもいろんな要素があります。

各社、保険の内容もさらに充実してきて様々な特約が誕生してきました。

その中から、各保険会社の事故対応の資質や特約の内容・各補償の割引率を比較するのも保険の選び方としては大事なポイントになりますね。

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加