ダイレクト保険とは?今、ダイレクト保険を選ぶならどこが良い?

近年、外資系の保険会社を中心にダイレクト型の生命保険(通販型)の
躍進には目覚ましいものがあります。

ダイレクト型の保険は通常、
代理店や直接面談しないでユーザーが自ら、
パソコンのサイトやコールセンターから、加入したい自動車保険を案内してもらうシステムです。

一昔前までは
代理店や店舗などを構えているところから保険に入るのが当たり前でした。

当然、営業マンの説明を受けるために代理店に足を運んで、
担当者と面談して必要な保険に加入するのが主でした。

同じ保険内容でも、ダイレクト型の保険料に比べたら
若干料金が高いイメージがあります。

若い世代から普及し始めたダイレクト型の保険会社は
代理店を持たないネットサービスからの契約なので
事務手続きに関わる人件費や、手数料などの無駄な経費が発生しないのです。

同じ内容の保険だったら
やはり安いダイレクト型の保険会社を選んでしまいますよね

しかし、中には「万が一の場合の対応や事務処理は大丈夫なのか?」と
疑問を持たれる人もいるようですが、大丈夫です。

現に記者も最近、車を破損してしまって・・・(+_+)
ダイレクト型の自動車保険を利用しましたが、
対応が迅速で何の問題もなく保険金が振り込まれていました。

今回はいろんな面でお世話になってダイレクト型の保険に好印象でしたが
中には苦手なユーザーもいると思います。

例えば、
保険の内容を自分で確認して決定していく方法です。

ダイレクト型の保険は
自分で必要な部門をチョイスして最終的に自分一人で保険を決めていくので、
万が一必要な項目を落としても自己責任になってしまう事です。

その点、
販売店や代理店を持っている保険会社は
担当者が細かいところまで詳細に説明や書類の書き方を丁寧に教えてくれます。

担当者の顔が見えるので
年配の人にとっては安心できるようです。

また、ダイレクト型の保険会社は人件費を削減しているため
担当社員の数も代理店に比べて少人数です。

交通事故などの処理や対応に関しても
外部の会社が動くため、事故調査にも多少時間を要する場合もあります。

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す