リスク細分化保険とは?

車に乗る人にとって自動車保険は不可欠なものですが、
結構、保険料が高いので家計も大変ですよね!!

少しでも保険料が安くなる方法はないのでしょうか?

そこで
「リスク細分化保険」をよく聞きますよね・・・どんな内容でしょうか?

リスクの可能性を細かく区分して、
契約者が損害を受けて、保険金を請求する可能性の高い環境や
条件を小分けした保険のことですが・・・

要は、
事故を起こす可能性の高いモノと
低いモノに細かく区分して保険料が決まることですね!!

当然リスクの低い条件の人の保険料は安く、
リスクの高い人は保険料が高くなる訳です

今は、
殆どの自動車保険会社でリスク細分化保険を採用しています

自動車保険における主なリスクと考えられるのは・・・

・運転車の年齢の条件

該当年齢は
年令制限なし・21才以上・26才以上・30才以上・35才以上の中から保険料が設定されます。

年令制限なしや年令が低くなると当然保険料が高く設定されて、
年齢が高くなれば保険料は安くなります。

しかし、年令を設定してしまえば保険料は安くなりますが、
該当者以外の人には補償の対象にはならないのです。ここは注意!!

・運転者の限定条件

契約者本人・家族限定・夫婦限定・契約者本人とその配偶者など・・・

運転者を特定すると保険料は当然安く設定される仕組みになっています。

しかし、年齢の制限も条件になってくるので気をつけなければいけません。ここは注意!!

・運転歴…事故歴・免許証の色など

運転者は違反や事故もなく
免許証の色が金色の優良運転者の保険料も安く設定されます。

・安全装置の割引対象車

ハイブリッド車・電気自動車、燃料電池車などのエコカー割引
エアバック・ABCなどの安全ボディなどの割引などがあります。

最近の新車には大抵安全装備は完備されているので確かめて下さい。

・使用目的・使用条件設定

自家用や業務用・レジャー使用や年間走行距離などが詳細に区分してあります。

・等級の割引

契約者が事故もなく保険金の請求が無かった場合・・・

等級が上がって保険料が安くなります。

しかし、事故などで保険金を請求した履歴があった場合は・・・

3等級下がって保険料がビックリするほど上がってしまいます。

知らなきゃ損する!自動車保険の見直し

管理者自身が自動車保険の見直しで年間25,000円の節約に成功♪

最大、50,000円も安くなった人もいる驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

お見逃しなく!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す