クルマの運転

クルマの運転
まずクルマを購入する時に当然、強制保険である「自賠責保険」には加入するのが国家として義務付けられています。

この保険は一定額を超えた補償に対応してくれません。

それ以上の補償を補ってくれるのが民間の「任意保険」に加入することです。

車に乗ると、運転免許取ったばかりの運転初心者だけじゃなくベテランでも事故が起きない補償はありません!!
「自動車保険の選び方と比較ポイント」の続きを読む…

生命保険は一度加入すると頻繁に見直す必要もありませんが、自動車保険は1年ごとの更新があります。

この大事な時期に自動車保険の内容を何も見直さずに、あなたはそのまま更新していませんか?

1年経つとクルマを取り巻く環境も変わっているものです!!
例えば、
「あまり知らない自動車保険の契約ポイントって!?」の続きを読む…

car640_1

保険に入るきっかけも色々ありますが・・・知り合いや、車を購入した時などに勧められた保険内容であまり中身を理解しないまま契約して自分の保険内容も分かっていない人が随分いるようです。

案外、その時の保険内容は必要のない特約や、無駄な補償内容が付いていて保険料も随分高めに支払っているのではないですか?

そのためにも、年に1度の保険内容の見直しをしてみることも必要かも!?

特に

  • 年令が上がり28歳以上となった
  • バス、電車、自転車通勤となり車での通勤や通学が要らなくなった
  • 無事故無違反でゴールド免許になった
  • 特約やサービスを充実させたい
  • これまでの保険の担当者が外された…など

こんな変化が出てきたら、補償の内容の見直しを勧めます。

以前と違い最近の保険の特約やサービスが各保険会社によって随分充実して内容も様々です。

各保険会社が独自に扱っている特約や補償内容が豊富になってきています。これらの保険内容を理解すると自分に合った条件のいい保険に加入できます。

また、リスク細分型保険と呼ばれる補償内容を細かく分けて設定できるプランも豊富になってきています。補償の範囲を拡大したり、また無駄を省いてベストな補償を自分で設定したりすることであなたにピッタリの自動車保険に契約することができます。

車を運転するカーライフも日々変化しています。年齢や家族構成によっても随分、変わります。また契約期間内でも補償内容の変更があれば見直すべきです。

保険の自由化で自動車保険の内容も自分のライフスタイルに合わせて補償内容を設定するができます。現在の保険会社は様々なサービス競争を繰り広げています。

そのため、多くの新しい保険商品も誕生する一方で、消えていく保険商品も出てきます。保険の商品名も変わっていく可能性も出てきます。あなたの今までの契約していた保険の補償内容が変わってる場合や保険内容が無くなっている可能性があります。

また、保険料が同じ内容の保険でも、高い保険料を支払っている可能性も出てきます。自動車保険の契約は1年間がほとんどです。1年間の保険料は負担にならなくても長年で計算するとかなり保険料に差が出てきます。さらに、同じ家庭に車を2台3台所有しているとその負担額はかなりの出費になります。

「あとで後悔するまえに!自動車保険の契約する前に大切なチェックポイント」の続きを読む…

自動車保険を選ぶために複数社の見積もりを取ってもどの保険会社に入るか迷ってしまう人が多いと思います。もちろん、保険料が安いに越したことはありませんが・・・・

しかし、保険の内容の中身も良く調べて納得して加入しないと大事な時に補償が受けられないなんてことでは加入した意味がありません。

では失敗しない保険の選び方はどんなところに注意したらいいのでしょうか?

「知らなきゃ損する!自動車保険の比較ポイントとは?」の続きを読む…

最近ローンを組んで車を購入したのですが・・・保険の話になった時、悩んだのが車両保険に入った方がいいのかどうかでした。

ディーラーの人に相談したら車を購入したお客さんからも「車両保険を加えるか・外すか」で結構相談を受けるようですが・・・万が一事故を起こして廃車状態になった車や盗難に遭ったりしたら目も当てられませんよね(>_< )

この場合はやはり車両保険には加入しておいた方がいいと勧められます!!

車をローンで購入した場合は万が一、車両保険に加入していないとローンだけが残ってしまう悲しい結果になってしまいますからね・・・

実は車を購入して3カ月後に車を駐車場で当てて修理代に10万円ほどかかってしまいました(-_-;)

あの時「入っていてよかった」と胸をなで下ろしたことでした。
「やっぱり盗難などの補償も重視!あとで後悔しないための自動車保険の選び方」の続きを読む…

車を運転する人は万が一のために自動車保険に加入することになっていますが・・・この自動車保険には大きく分けて2種類の保険があることを知っていますか?

中古車、新車を問わずクルマを所有した場合に強制的に入る義務となる「自賠責保険」と任意に入る民間の自動車保険会社が販売している「任意保険」があります。「任意」という具合だから加入する・しないはそれぞれの自由に決められる保険です。

それでもほとんどが任意の保険に加入しているわけですが・・・
「自動車保険の仕組みって一体、どうなっているの?あなたはちゃんと理解していますか?」の続きを読む…

自動車保険に加入する場合、国内自動車保険会社と外資系の自動車保険などをあまり比べることなく
保険契約する人が大半だと思います。1998年より以前の自動車保険会社は国内の保険会社が主でした。

ですが1998年の保険自由化に伴い保険会社も多様化してきました。その中で外資系の自動車保険も参入してどんどん国内で販売し始めました。

保険内容やサービス面でもそれぞれの会社の特徴を全面に打ち出しているようですが・・・

保険の内容や種類もいろいろ販売されているのでいざ保険の内容を見直してみようと思っても何を基準に選んだらいいのでしょうか?

「自分にあった保険選び!自動車保険の口コミと評判を徹底比較!」の続きを読む…

国内の自動車保険会社は
代理店や、自動車販売業者が
保険の手続きを扱っている場合が多いです。

一方,インターネットやダイレクトメールなどの案内で
保険契約を結んでいる外資系の保険会社とは
随分違いがあるようです。

国内の自動車保険会社の大きな特徴の1つ

対面型の販売方法は
保険の知識のない人にとっては安心できる保険の入り方だと思います。

保険の詳細まで質問できて、
自分の条件に合った保険内容まで提案してくれます。

「国内の自動車保険会社のデメリットって何かあるの?」の続きを読む…

平成14年の保険の自由化で
保険会社が競って様々な内容の保険を提供しているようです。

保険会社も国内の会社ばかりではなく
代理店を持たない海外の保険会社も参入してきました!!

もちろん自動車保険も例外ではありません。

「一般的な国内と外資の自動車保険の比較をすると・・・」の続きを読む…

保険も見直しって大事ですね!!
実は記者も20年ぶりに車に乗ることになって
初年度は、何も分からず言われたまま15万円近く払いました。

ところが今年、
この仕事を始めて保険の見直しをしてみましたところ・・・・・

なんと、
無駄な項目が、かなりくっ付いていた内容にビックリしました(>_< )

「自動車保険の見直しは実はとっても大切!あなたの自動車保険は高すぎるかも!?」の続きを読む…