あなたが加入している保険はサービス内容に対して損していませんか?

保険に加入しても、使わないことに越したことはありませんが、自動車保険は起こってしまった事故やケガの重大さに保険の有難さを実感するケース良くがあります。

ですが、そんな大切な自動車保険でも、あなたが加入している保険はサービス内容で損していませんか?

この自動車保険を選ぶポイントは保険料で選ぶか・内容で選ぶかで悩んでしまい結局、これまで加入していた保険を継続するか、またはクルマを購入したディーラーにお任せしてしまう間違いが良くあります。

けれど、補償は変わらず、すべて項目で加入者を満足させてくれるのが、アクサダイレクト自動車保険です

このアクサグループは国内外で信頼と実績を築いてきた、高い評価のある保険会社です。

実は日本だけでなく世界で人気なんです。

アクサダイレクトは、独自のリスク細分型導入を採用していることがポイントです。

このリスク細分型自動車保険は年令別・危険度・運転者の限定商品で保険料がお得になる商品です。

クルマは使う事情や、運転する人の条件もそれぞれ違うので当然保険内容も変わってきます。

必要な内容だけを取り入れて、無駄を省いた保険の内容を提供してくれます。

例を上げれば

・休日だけの運転の場合
・免許の色がゴールドの優良運転者
・走行距離が1年間で5,000キロ未満

などの条件が、他の保険料金に比べたら年間2万円~5万円程度は安く上がります。

運転する目的や使い道に応じて、それぞれ保険料は違うのですが、リスクの低いドライバーの保険料は従来の保険料に比べたら、無駄を省くことによって大体3・4割は安くなります

しかも、アクサダイレクトは安いだけではありません

アフターケアも加入者が満足できる中身になっているので評判なんです。

例えば、万が一、事故に遭った場合、宿泊先の手配や自宅までの費用の援助・レッカー車の手配などのサービスもあります。

また、災害情報などが送信されるメールサービスなどが無料で使えます。

一般的な自動車保険では場所や移動距離の制限などがありますが、アクサダイレクトでのレッカー車移動のサービスは車の移動距離の制限や処理にかかる時間の制限が一切ありません。

ここも、他の自動車保険と大きく違うところです。

さらに本来自動車保険のように1年という短い期間の保険商品にはクーリングオフは使えないのですが・・・アクサダイレクトの自動車保険はクーリングオフも出来るんです。

更に、今だけ、申込みをしたら大変お得なインターネットの申し込みで「最大で4,500円の割引」の得点がついてきます。

電気料金や自賠責保険料の値上げ、消費税の増税など、値上げばかりが相次いで家計を圧迫することばかりです。

今後、ずっと年間、数十万円は家計の現金が減ります。

そのような中、節約できるところといえば、まずは、やはり自動車保険でしょう。

食費やその他の家計の項目は中々、節約できるものではありません。

アクサダイレクトに自動車保険を見直して、年間3万円~5万円を節約してみるのが賢い自動車保険の選択です。

自動車保険の見直しで年間25,000円の節約成功♪

多い人では、50,000円も安くなった驚愕のテクニックとは?

詳しくはこちら

平成14年の保険の自由化で
保険会社が競って様々な内容の保険を提供しているようです。

保険会社も国内の会社ばかりではなく
代理店を持たない海外の保険会社も参入してきました!!

もちろん自動車保険も例外ではありません。

「一般的な国内と外資の自動車保険の比較をすると・・・」の続きを読む…

保険も見直しって大事ですね!!
実は記者も20年ぶりに車に乗ることになって
初年度は、何も分からず言われたまま15万円近く払いました。

ところが今年、
この仕事を始めて保険の見直しをしてみましたところ・・・・・

なんと、
無駄な項目が、かなりくっ付いていた内容にビックリしました(>_< )

「自動車保険の見直しは実はとっても大切!あなたの自動車保険は高すぎるかも!?」の続きを読む…

自動車保険会社は、何を基準に選んでいますか?

どこの会社も同じだと思っていませんか?

それが見積もりを頼んでみると
会社によっては随分開きがあるようです。

保険業界の金融自由化に伴い
外資系の自動車保険も日本で事業を大幅に拡大しているようです。

今は、若い世代を中心に外資系の保険会社に人気が集まっています。

外資系の自動車保険の保険料は
国内の保険会社に比べて安く設定されているところに魅了があるのも納得いきます。

「外資系自動車保険会社のデメリットってなに?」の続きを読む…

自動車を所有する際に2つの保険に入る必要があります。

1つは強制的に義務付けられている自賠責保険といいます。

もう1つは所有者が任意に入ることが出来る
任意の保険があります。

一般的に自動車保険の解約というのは、任意保険の解約のことをいいますね。

一方、自賠責保険は法律で定められた保険ですので、
クルマを所有し乗る限り解約することはできません。

「自動車保険の解約って簡単にできるの?どうするの?」の続きを読む…

車に乗る人にとって自動車保険は不可欠なものですが、
結構、保険料が高いので家計も大変ですよね!!

少しでも保険料が安くなる方法はないのでしょうか?

そこで
「リスク細分化保険」をよく聞きますよね・・・どんな内容でしょうか?

リスクの可能性を細かく区分して、
契約者が損害を受けて、保険金を請求する可能性の高い環境や
条件を小分けした保険のことですが・・・

「リスク細分化保険とは?」の続きを読む…

近年、外資系の保険会社を中心にダイレクト型の生命保険(通販型)の
躍進には目覚ましいものがあります。

ダイレクト型の保険は通常、
代理店や直接面談しないでユーザーが自ら、
パソコンのサイトやコールセンターから、加入したい自動車保険を案内してもらうシステムです。

一昔前までは
代理店や店舗などを構えているところから保険に入るのが当たり前でした。

「ダイレクト保険とは?今、ダイレクト保険を選ぶならどこが良い?」の続きを読む…

東京海上日動火災保険株式会社は
通称「東京海上」と呼ばれて2002年4月に東京海上火災保険と日動火災海上保険が経営統合した会社です。

快適で利便性の高い環境で「安心と安全」を届けるというコンセプトに
損害保険業界NO. 1の実績があります。

また、業界でも老舗の貫録で「東京海上」の社名は
自動車保険だけでなく、総合損害保険会社として日本を代表するブランド名になっています。

「東京海上、自動車保険の評判と口コミってどう?」の続きを読む…

損保ジャパンは、業界NO.1の東京海上保険会社に次ぐ
日本の損害保険会社としての実績を築いてきたので、自動車保険でも良く知られています。

パンダのキャラクターでお馴染みの損保ジャパンは
代理店を通して保険に加入することが一般的です。

ダイレクト型保険会社とは異なり
代理店の専門スタッフが面談しながら、取扱代理店を窓口にして保険商品を案内しています。

代理店では一人一人のニーズに合った補償内容の商品を選んでもらえるように提案したり、
万が一事故が起きた場合にも迅速な対応が期待できます。

「損保ジャパン、自動車保険の評判と口コミってどう?」の続きを読む…

三井海上と住友海上の大手の保険会社同士が
合併したメガ損保が三井住友海上保険です。

自動車保険会社としては国内業界では
顧客数が業界2位を達成するほど顧客数の多い保険会社に成長しました。

当然ながらダイレクト型損保と比べたら
案件の数が比べものにならないものです。

事故処理の件数も業界一の数をこなしている損保会社です。

「三井住友海上、自動車保険の評判と口コミってどう?」の続きを読む…

安さを売りにしている外資系の多い自動車保険の中で
三井ダイレクト損保は国内の保険会社です。

しかも、お得な保険料で人気を集めている
ダイレクト型の自動車保険会社の内容が人気を集めています。

「三井ダイレクト損保、自動車保険の評判と口コミってどう?」の続きを読む…